住宅ローン借り換えとは?

住宅ローン借り換えとは、現在支払い中の住宅ローンよりも金利の低い住宅ローンへ同額の住宅ローンを申込み、支払い中の住宅ローンの残債を一括返済して、他社の住宅ローンに借り換えることです。
住宅ローンの金利が高い時期が過ぎ、住宅ローン金利が下がってくると借り換えを検討する人が増え、多くの金融機関で借り換えキャンペーン等が行われる傾向にあります。
ただし、住宅ローン借り換えには手数料や保証料、繰り上げ返済にかかる諸費用等があるため、金利が低い住宅ローンならどこでも良いと言うわけではありません。
主に住宅ローン借り換えが成功する目安条件として、残債総額が1000万を超える、返済期間が10年以上の長期間残っている、住宅ローン借り換え先との金利差が1%以上ある、の三つの条件を満たしていることが挙げられます。