派遣労働のパートタイマーの雇用形態は?

パートタイマーはアルバイトなどと、派遣先の会社や故障に関係なく、労働基準法上は「1週間の労働時間が同一の事業所に雇用されている通常の労働者と比べて、短い労働者」であり、所定の労働時間が何時間未満であれば、パートタイマーに属するというような定義はないので注意が必要です。
パートタイマーも労働者として、労働法の保護を受けるので、解雇の場合は派遣労働者といえども30日前以上に予告される義務を負っています。
法律上は、アルバイト、契約社員、パートタイマーも、「短時間労働者」という名称で呼称されており、派遣労働のパートタイマーも同様の取り扱いとなります。
また、簡単に解雇することができないため、契約締結時の雇用の条件として、勤務成績、能力、業務量などの明確な指針がなければ、解雇相当に判断するということがあることに注意しなければなりません。
雇いどめの定義としては、期間を定めた労働契約の期間満了に際して、会社が契約の更新をしないことをいいます。
派遣会社人気企業多い?案件比較【口コミランキング】